設立経緯 ~創業者の想い~

1952年(昭和27年)、後に当社の創業者となる土谷太郎は、その父、土谷剛治らとともに株式会社広島血液銀行を設立しました。
医師でもあった土谷太郎は、当時起こっていた輸血による発熱などの副作用を防止する研究を進めるうち、日本では依然ガラス製やゴム製の医療機器を消毒して繰り返し使用していたのに対し、アメリカでは既にプラスチック製品による医療機器のディスポーザブル化が進んでいることに注目。
“もっと良い医療を提供したいと願っている臨床医、あるいは、生命を私どもに委ねて下さる患者様のために”、1965年(昭和40年)6月12日、ディスポーザブル医療機器を製造販売する「株式会社ジェイ・エム・エス」(設立時社名:株式会社日本メディカル・サプライ)を設立しました。
この創業者の想いは、「かけがえのない生命のために」という当社の創業の精神として、今も全ての社員の心に受け継がれています。

 ※ディスポーザブル:一般的に医療の分野では「既に滅菌されてあり、そのまま直ちに使用でき、かつ1回限りの使用で使いきるもの」という意味。

1965年6月

医療機器の製造・販売を目的とし、広島県佐伯郡大野町下更地1990番地(現 広島県廿日市市大野1990番地)に株式会社日本メディカル・サプライ設立(資本金2,500万円)。
本社工場(現 大野工場)竣工。

1972年11月

広島県三次市に三次工場竣工。

1973年1月

株式会社韓国メディカル・サプライの株式50%(現在80%)を取得、資本参加し役員を派遣。

1973年8月

本社を広島市加古町12番17号(現 広島市中区加古町12番17号)に移転。

1974年9月

100%子会社ジェイ・エム・エス中四国販売株式会社(最終社名株式会社ジェイ・エム・エス販売)設立。

1976年2月

100%子会社株式会社ジェイ・エム・エス(現社名ジェイ・エム・エス・サービス株式会社)設立。

1978年9月

島根県出雲市に出雲工場竣工。

1979年6月

シンガポール共和国に100%子会社ジャパン・メディカル・サプライ(シンガポール)プライベート・リミテッド(現社名ジェイ・エム・エス・シンガポール PTE. LTD.)設立。

1981年12月

広島証券取引所に上場。

1982年12月

大阪証券取引所市場第二部に上場。

1987年6月

広島県山県郡千代田町(現 広島県山県郡北広島町)に千代田工場竣工。

1988年7月

中華人民共和国に合弁会社大連ジェイ・エム・エス医療器具有限公司(70%を出資、現在100%)設立。

1988年10月

中華人民共和国に100%子会社医用材料(ジェイ・エム・エス大連)有限公司(1997年1月1日に大連ジェイ・エム・エス医療器具有限公司に吸収合併される。)設立。

1989年3月

東京証券取引所市場第一部に上場。

1993年8月

米国に100%子会社ジェイ・エム・エス・ノース・アメリカ・コーポレーション設立。

1993年12月

ドイツ連邦共和国のバイオニック・グループ3社を100%子会社として買収後、バイオニック・メディツィンテクニックGmbHとして統合。

1994年4月

株式会社JMS(登記上は株式会社ジェイ・エム・エス、英文ではJMS CO., LTD.)に商号変更。

1994年7月

ジェイ・エム・エス・シンガポール PTE. LTD.の100%子会社としてプライベート・リミテッド・ジャパン・メディカル・サプライ・バタム(現社名PT. ジェイ・エム・エス・バタム)をインドネシア共和国に設立。

1995年7月

ブラジル連邦共和国に合弁会社ジェイ・エム・エス・ドゥ・ブラジルLTDA.(90%を出資)設立。

2000年4月

100%子会社株式会社ジェイ・エム・エス販売の営業の全部を譲り受ける。

2002年5月

100%子会社株式会社大野設立。

2002年6月

中華人民共和国に100%子会社北京英特創軟件科技有限公司設立。

2003年3月

株式会社ジェイ・エム・エス販売を清算結了。

2005年12月

大阪証券取引所市場第一部の上場廃止。

2006年7月

クリノグラフィ株式会社の株式を譲渡。

2007年7月

北京英特創軟件科技有限公司の出資持分の全部を譲渡。

2007年9月

ジェイ・エム・エス・ドゥ・ブラジルLTDA.を清算結了。

2014年5月

フィリピン共和国に100%子会社ジェイ・エム・エス・ヘルスケア・フィリピン,INC.設立。