JMS人と医療のあいだに

英語版

JMS人と医療のあいだに

  1. TOP
  2. JMSとは
  3. 中長期の展望

中長期の展望

いま以上に世界の医療に貢献し、
人々の健やかな暮らしに
寄り添う存在へ。

2030年に向けた長期ビジョン

未来の医療を先取りした
新たな価値の創造を実現し、
世界の人々の健康と
QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の
一層の向上を支える企業になる。

長期ビジョンの実現に向けた
2020年〜2023年の基本方針

  • 顧客起点の深化

    医療現場と密接した顧客起点の事業運営を深化させ、顧客も自覚していない潜在ニーズを突き止め、共に課題解決することで、新たな成長を実現。

  • 収益向上への変革

    グループ経営を支える人材、組織、制度、体制など、あらゆる観点から役割の見直しと強化を図り、安定的かつ持続的に収益が得られる企業体質への変革を推進。

5つの取り組み

基本方針にもとづき、
以下の5つのポイントを中心に
事業活動に取り組んでまいります。

  • 01

    各事業の効率化とシナジーを促し、
    より収益率の高い企業体質へ。

    事業ポートフォリオ
    の最適化

    ホスピタルプロダクツBU

    輸液・栄養領域の拡大、がん領域の成長加速、
    摂食嚥下領域の市場開拓



    サージカル&セラピーBU

    収益構造の継続的改革、基盤製品の強化、
    現有資源を活性化させた事業展開



    ブラッドマネジメント&
    セルセラピーBU

    日赤白除バッグのシェア拡大、
    細胞・再生事業の基盤確立



    各BU共通

    グループ資産を活かしたOEM・ODMビジネスの開拓と拡大、
    成長性と収益性のある分野への資源再配置、不採算品目整理



    BUは“ビジネス・ユニット”の略です。

  • 02

    世界市場でさらなるシェアを獲得。
    JMSを世界に通じるブランドに。

    グローバル体制
    の強化

    成長する中国市場に対して、
    CDDS事業に続くコア事業を展開

    ※CDDS(Central Dialysis fluid Delivery System):セントラル透析液供給システム



    フィリピン生産拠点の更なる競争力強化と
    これを活用したグローバル市場での業績拡大


    タイ市場での販売製品群の拡充と
    近隣ASEAN諸国への販売展開
  • 03

    世界の医療・健康に革新をもたらす
    技術・製品に積極投資。

    次世代事業
    の創出

    生分解性材料の技術展開による
    癒着防止材(整形外科)や、
    消化管ステントへの応用


    新製品の継続的探索
    (オープンイノベーション推進、
    投資ファンド活用、M&A)


    IoT、AIなど先進技術を活用した新価値の実現
  • 04

    事業成長につながる、新たな
    人材登用や体制構築を実践。

    グループ経営基盤
    の強化

    グループ生産体制の再編による
    最適生産の推進


    グローバル市場での薬事許認可の
    迅速な取得と法規制対応の体制構築


    雇用環境の変化を踏まえた
    人事制度見直し、
    グローバル人材の確保と育成制度の確立
  • 05

    社員、環境、ステークホルダーに
    配慮した、真に社会貢献する企業へ。

    持続可能な
    社会の実現

    新感染症等の発生時における製品供給の
    継続と感染対策に資する製品開発


    健康経営への取り組みの充実と
    ワークライフバランスの促進


    環境汚染予防、廃棄・ごみ削減に配慮した
    事業活動プロセスの推進


    など

詳細については、
当社中期経営計画をご覧ください